花蘭咲 ニコチン酸アミド

MENU

育毛剤花蘭咲

育毛剤は配合成分が命!やはり効果のあると確信持てるものを使ったら良いですよね。配合成分がダメだといくら使っても効果が得られずにがっかりするだけ。

 

ここでは最近話題の育毛剤、花蘭咲の配合成分についてスポットを当てて見たいと思います

 

花蘭咲の配合成分について

ニコチン酸アミド

〈1〉ニコチン酸アミド

 

ニコチン酸はビタミンBの一種です。血流改善、血行促進、毛根細胞の活性化、それが育毛効果として役に立つということです。巷で売られている多くの育毛剤に含まれている成分の育毛効果として多いのが、「血行促進と抗炎症作用」です。特に血行促進効果がある成分については、ほとんど全ての育毛剤に入っています

 

〈2〉センブリエキス

 

こちらも同じく血流改善、血行促進の効果があります。センブリとは主に日本や中国、朝鮮などに自生するリンドウ科センブリ属の二年草です。9月〜11月頃に茎の先に円錐花序をだして白色の花がつきます。

 

センブリの名前の由来は、「千回振出しても苦い」ということから来ており、苦いハーブとして知られています。センブリエキスは抽出したエキスですが、漢方薬としても胃薬などに使われてきました。センブリエキスにより胃が刺激されて血行が促進されることを応用して、頭皮の血行促進ができて育毛剤として使えるようになりました

 

〈3〉塩酸ピリドキシン

 

血行の促進、毛髪の育成の育成に役立ちます。薄毛や脱毛の原因の一つに頭皮の毛細血管の血液循環が悪くなること、栄養や血液中の酸素が充分に毛髪や頭皮に行かないということも挙げられます。塩酸ピリドキシンによってヘモグロビンや赤血球の形成が促されます。頭皮の血行が促進され、頭皮や毛髪に充分に栄養が行き渡ります

 

花蘭咲の効果を成分から見る

花蘭咲の成分をこうして並べてみると、すべて「血行促進」ということがわかります。他の多くの育毛剤は、別の効果のものを組み合わせているのですが花蘭咲は同じ効果のある成分をいくつも配合することで確実に育毛効果が出るようにしています。

 

花蘭咲の効果を成分

また植物由来の育毛成分を高濃度で配合しています。ゆず、エビネ蘭、トウガラシチンキ、センブリ、トウキ、チャエキス、ワレモコウ、サンザシ、ローズマリー、エイジツです

 

 

花蘭咲(からんさ)楽天 TOP